検索キーワードを入力してください

箱根七湯の一つ【塔ノ沢】でリーズナブルな休日を過ごす

6月中旬、今回は箱根湯本から箱根登山線で強羅方面へ1駅 進んだ塔ノ沢に行ってきました。

塔ノ沢は箱根七湯著名人に愛された、老舗旅館が多い場所で、【川端康成】 【夏目漱石】【島崎藤村】などがたびたび訪れたと言われています。旅館で創作活動とか憧れます。


湯本を出発してから3分程度で目的の塔ノ沢駅に到着。



この駅の登りホームに直結しているのが深沢銭洗弁財天。


こちらの弁財天は大正時代にたびたび塔之沢温泉に宿泊していた実業家 松井証券(松井房吉商店)創始者・松井房吉の夢枕に白蛇が現れたことがきっかけで、大正15年に小さな石造りの社を松井房吉さんが寄贈して祀りしたのが始まりです。



松井証券の繁栄ぶりもあり、経済界や商人の方々から信仰されている弁財天。



さて弁財天でお参りしたら、ザルと柄杓で洗いましょう。お金が何倍にもなるってありがたい弁財天。一眼レフカメラを買えるだけのお金を何卒〜 いやぁ やっぱ自分で頑張りますw



洗ったこのお金の使い道、所説あるみたいですが洗ったお金は大事に保管しておくのではなく、有意義に使った方がいいとされているそうです、気持ちよく使った方が巡り巡って自分に帰ってくるということですね。



お金が帰ってくるってことでここにはカエルの置物が多いのかな? 



カエルの上にクワガタがいました。今年は初めてみました。


少し登って奥の院の方まで行ってみましょう。




夜はこんな感じです。



さて、今日は箱根で一泊していきますが、箱根の老舗高級旅館は一泊うん万円〜。気軽に訪れるのは厳しいですね。


そこで訪れたのは江戸時代から続く箱根ではメジャーな旅館 一の湯さんその新館でお世話になります。



僕が初めて一の湯さんを訪れたのは小学生のころで今回で3回目の宿泊になります。




翌日、、、




チェックアウトまで時間があるので、一の湯新館の近くにある通称あじさい寺と呼ばれる阿弥陀寺にいってみます。


阿弥陀寺、江戸時代初期に弾誓上人が開いた山寺。38代水野賢正住職が植えたあじさいが本堂まで続き、「あじさい寺」として親しまれています。



階段がある男坂となだらかな女坂が用意されています。 



15分程度で、本堂に到着。


本堂にてお参りと思ったんですが、頭上には、なにこれ?



巨大な滑車のようなモノがあります。



こちらは
「百万遍転法輪」(ひゃくまんべんてんぼうりん と読むのかな?)というとても珍しいもで、この数珠を一周回すと念仏を百万回唱えたのと同じ功徳があるといわれています。天明4年に造られたもので一日千の念仏を唱える人達の名前が刻まれているそうです。




阿弥陀寺のウェブサイトを見るとこちらの本堂で住職による琵琶の演奏会をやることもあるらしく、機会があればぜひ参加したいと思います。



旅館に戻って、汗を流して帰宅します。



今回は以上になります。

※コンテンツ中の情報は最新のものではありません、また僕自身が勘違いしているものもあるかもしれないのでそこらへんはご了承ください。


コメント

このブログの人気の投稿

小田原スポット【螢田グルメ編】ひょうたんや

小田原スポット【富水グルメ編】SEA GREEN CAFE シーグリーンカフェ

小田原スポット【富水編】創菓工房なかじま