投稿

検索キーワードを入力してください

やまゆりラインを中心に穴場を巡る!

イメージ
今回は中井町と小田原市を結ぶ、小田原中井広域農道 通称やまゆりラインを中心に巡ります!  やまゆりラインは果樹・酪農・畑作を中心とした農業が営まれている、広域農道。 〇あしがら乳業株式会社(タカナシ乳業のグループ会社) こちらは神奈川県民はおなじみ神奈川県生乳100%使用の「きんたろう牛乳」を作っている、あしがら乳業株式会社。 現在はコロナウイルスの影響によって工場見学はできないが再開されたらぜひ行きたいスポットである。以前はバター作り体験なんかもできたみたい。 〇やまゆりライン休憩所 ベンチとテーブル席があります。木漏れ日ベンチもあって涼しい!30℃を超える真夏日なので、ありがたい。 〇相武パークゴルフ パークゴルフショップの傍ら店先で野菜も販売しています。 ちなみにパークゴルフとはゴルフ似たスポーツですが、クラブ1本とボールさえあれば始められるスポーツです。パターゴルフの簡易性とグランドゴルフの爽快感を併せ持ちます。 話は戻って、ここではトマトとししとうを購入。 けっこう旨かった!特にトマトが肉厚で酸味のバランス良し! 料理名:そのまんまトマト~ししとう炒めを添えて~ 〇うわなくち横穴群 うわなくち横穴群の看板を発見し5~10分探してみたが、穴を見つけられなかった。 看板横に書いてあった中井町教育委員会様へ問い合わせたら、風化によって穴が埋まったり、小さくなってしまっている可能性があるとのことでした。ここは深追いせずに断念しました。 〇上町隧道(かのまちすいどう) 断崖絶壁っぽく見える道でとても好きです。 少し進むと地中海の雰囲気あるオリーブ畑、ボキャブラリーの少なさゆえに オリーブで段々畑になってたら地中海しか出てこない。 〇見晴台 少しやまゆりラインから外れて根岸橋を曲がり、 およそ車ではすれ違いが悲惨なことになりそうな道を進んでいくと。見晴らし台へ到着します。 〇六本松 その名の通り、昔ここには六本の松があり、この一帯周辺各豪族の屋敷と鎌倉を結んでおり、「鎌倉道」、「大山道(中村通)」、「箱根道」が交わる重要な峠だったと言われています。 曽我兄弟の仇討ちを題材にした物語にも登場する舞台です。この話はまた別の機会に! 〇田島横穴古墳群 やまゆりラインもまもなく終点というところにあるのが田島横穴古墳群。 うすぐらい森の中にありました これが古墳?なのかな? 

桑原地区を調査しました!

イメージ
  梅雨真っ只中の7月上旬、今回は小田原市 桑原地区を訪れました! なぜ桑原地区かと言うと、、、 田んぼの先に見えたこの物体が気になったからです!それだけ! その昔はカイコを飼育するための桑を植え付けた桑畑があったらしい、だから桑原 〇なぞの電波塔 早速ですが田んぼと川に挟まれているこの電波塔はなんぞや? ラジオ日本小田原放送局とありますね。 1981年(昭和56年)7月20日に開局 したアール・エフ・ラジオ日本(ラジオ日本)その中継局でした。 2018年3月まではここから配信されていた伊藤ゆきさんの”YUKKYのラジカルランド”という番組がローカルラジオとしては非常に人気の番組あったようです。 〇 酒匂川水系メダカ 小田原にはいたるところにメダカにまつわる石碑などがありますが、小田原で確認された酒匂川水系メダカという絶滅危惧種に指定されているメダカが野生の状態で見られるのは桑原と隣の鬼柳地区のみのようです。 〇有限会社小田原畜産 プライム桑原店 食肉流通をやっている小田原畜産の店舗! メンチ(180円)とチキンカツ(198円)を購入、メンチはちと高いがチキンカツでかくない? コスパいいねぇ。 〇 大つね 国道255号沿いにありギリギリ桑原なので紹介したいお弁当屋さん 桑原地区を見ながらいただきます。 〇三島神社 住宅地の方に入ると三島神社がありました。 男性が流行りのターゲット・バードゴルフの準備でしょうか? 地面に線を引いていました。 〇 たんぼの恵を感じる会 気になる看板がっ Facebookを覗いてみるとこちらの田んぼを米作りを体験させてくれるみたいで、さらに参加状況に応じてお米がもらえるって!! 〇 浄土宗 浄蓮寺(桑原道場) 道場とは さとりを開いた場所、集まる場所、修行する場所などなど色々意味合いがあります、ここは多くの弟子が集まった大変有名なお寺らしいです。 お寺の出口にて猫がいて にらみ合い、、、、 今回は以上になります! ★★★熱海市伊豆山土砂災害に伴う義援金などの受付について★★★ 2021年7月3日に熱海市伊豆山で発生した土砂災害について、 犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 残された行方不明者の救助と生活基盤の復旧を心から願っています。 熱海市の公式サイトに義援金用の口座などの案内がありましたので貼っておきます。 https:/