#012_手水舎での作法について


手水舎

読み方は"ちょうずや" "てみずしゃ" "ちょうずしゃ"など神社によって色々あるみたいです。

もともとは神社にお参りする際には川で身体の汚れや罪など全身を清めていたことから始まりました。それが時代の変化や川の近くにない神社などそれぞれの事情に合わせて簡略化されて現在のスタイルになったと考えられています。

コロナ渦の2020年現在では衛生面から手水舎でのお清めを行わない場合もあります、それぞれの神社や個々の考え方で判断してください。


堅苦しい作法と思うなかれ! 正しくやってみると心が落ち着き 気持ちもシャキっとしますよ! ※紹介するのはあくまで一例とお考えください 神社により異なる場合があります

コメント